マウスムーブ

広瀬りおなって誰、新人AV女優・男性必見のモテテク語る「これは絶対して!」

AV業界大手の『ソフト・オン・デマンド』(SOD)が現在プッシュしている新レーベル『Ms.SOD』から、新たな女優がデビュー。同レーベルから3人目の女優となる広瀬りおなに、しらべぇ編集部が直撃インタビューを行なった。 画像をもっと見る

広瀬りおな、豪華すぎる経歴の持ち主

端正な顔立ちと整ったプロポーションが魅力の彼女。やはり昔から自分が「セクシーである」という自覚はあったそうなのだが…。
広瀬:元々はモデルやレースクイーンといったお仕事をしていたんですけど、どこか馴染めなかったんですよね。何というか自分が「流されている」ような感じがして…。   オーディションに通ったりグランプリを頂いたこともあったんですけど、確固たるものを感じられなくて、自信に繋がりませんでした。グランプリをとった連絡をもらったときも、嬉しいというよりは「へぇ…」みたいな(笑)
関連記事:お姉さん系AV女優・水沢美心がデビュー振り返る 「私、異常な性欲が…」

■フィールドを一新してのデビューでは…

これまでとは全く異なる業界に飛び込んだわけだが、かなりエンジョイできている模様。
広瀬:デビュー作の撮影は緊張でなく、楽しかった思い出しかないですね。最初は監督さんとお話しするのかなと思っていたら、いきなり男優さんとのお話から始まって(笑)   撮影中も特に緊張はなかったかな…。30分間ぶっ通しでキスする撮影があったんですけど、チューはとても好きなので、めっちゃ興奮してました。ただ、体勢的にずっと背伸びしてないといけないのがキツかった…。でも男優さんが支えてくれたから、まだ楽だったかな。   そのシーンの撮影が終わった後も背中をさすってれたり…世の男性、ここはポイントですよ! プレイが終わった後の「大丈夫?」とか「ちょっとそのままでいてね。拭くからね」とか、そういう気遣いが女の子は嬉しいんです(笑)。絶対してほしい!

■あまりに渋すぎる趣味

と、ここでプロフィールに書かれていた「チョークスリーパーが得意」という意外な趣味について聞いてみた。
広瀬:私、プロレスが好きなんです。で、嗜みとしてチョークも覚えた、みたいな(笑)。ただし首が細すぎて私にチョークは効かないんですよね(笑)   プロレスとAVって似てるところが多いんじゃないかな。両方とも体を張っているのはもちろんですけど、キャラの濃さと身体能力が伴わないと人気が出ない部分とか。息の掛け合いもかなり重要なので、やっぱり似てると思う!  
関連記事:お姉さん系AV女優・水沢美心がデビュー振り返る 「私、異常な性欲が…」

■今後の目標は…

30代になって女優デビューを果たした彼女は、世間に物申したいことがあるよう。
広瀬:「エロは年齢じゃねぇぞ!」って強調したいです(笑)。私はとても欲深い女なので、Ms.SODをもっと広めていきたいし、自分の存在をもっと知ってほしい。   30代になると人同士のコミュニケーションも20代の頃とは変わってきますよね。30代の新人ですが、若い女の子とは「経験値が違う」ということを上手くアピールしたいな。むせ返るような色気が出せる、背徳感が漂った熟女になりたいです(笑)   ツイッターではたまに時間帯を決めてリプライを返すようにしているので、ファンのかたはどんどん参加してね! https://twitter.com/hiroseriona
広瀬りおなさんの詳しい経歴やプロフィールはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする