スポンサーリンク

オードリー若林、自身のサイコパスエピソードを披露 「春日もヤバい」

若林正恭
お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭が13日放送の『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)に出演。自身のサイコパスエピソードを語った。


■サイコパスエピに衝撃

ゲストは、東京五輪のボクシングで女子初の金メダルに輝いた入江聖奈選手。今回番組に登場した理由は、MCの若林のことが気になっていたからだと話す。

YouTubeを視聴していたところ「若林のサイコパスエピソード10選」というまとめ動画を発見。「想像以上にやばくて」と内容に衝撃を受けたという。

その一部として「(若林の相方の)春日さんが黒板の目の前にいて字が見えないから、春日さんの髪の毛を切った」「春日さんが『俺は何をしても死なない』って言うから(車で)時速30キロで轢いた」と紹介した。


関連記事:星野源、ラジオパーソナリティとしての転機は「オードリー・春日事件」だった

■髪の毛切ったのは中学時代

若林は否定することなく、1つずつ詳細に説明していく。

春日の髪の毛を切ったのは中学2年生のとき。若林が「切っちゃうぞ」と冗談交じりに話していると、春日は「やってみなさい」と挑発。アニメ『サザエさん』のキャラクター・磯野ワカメのようなヘアスタイルにしてみろと言い出したとのこと。

「だからワカメちゃんにした」と若林は刈り上げにしたという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする