スポンサーリンク

名古屋城「金のシャチホコ」がヘリで天守閣に復帰 見守った人たちの感想は… 

名古屋城金のシャチホコ

名古屋城天守閣の金のシャチホコは16年ぶりに地上に降ろされて、4月10日から今月11日まで特別展覧が開催された。展示期間を無事終えたことで、22日朝ヘリコプターで天守閣に戻った。


■なんだか物足りない気がしていた

名古屋城周辺を毎日散歩しているドール兄さんは、「天守閣に金シャチがない名古屋城は、なんだか物足りない気がしていた」と話す。

今日は午前7時頃にスタンバイし、その様子を見守ったという。7時頃は30人程度だった見物客は、午前8時には100人ほどに増えていたそうだ。「今回戻ってきて、やっといつもの名古屋城に戻ると思うとホッとした」と語った。

【動画】シャチホコがヘリで運ばれる様子


関連記事:Mr.シャチホコ、YouTubeチャンネルが赤字で存続危機 「本当に難しい」

■降ろしたときよりも輝きが

タチバナアレンさんも、午前7時頃からこの風景を見守った。もともとは、鉄道の撮影が趣味だったそうだが、今回たまたま近くにいたために撮ることができたという。

「3月に降ろしたときにも撮影していたが、そのときよりも輝きが増している感じがした。地上におろされている間に、ピカピカに磨かれたのかもしれない」と話す。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする