スポンサーリンク

叶姉妹、”愛と執着”について持論を解説 「自分を見失わない心を」

叶姉妹
(画像提供:叶姉妹)

叶姉妹が4日、公式ブログを更新。「愛」と「執着」についての叶恭子の言葉について紹介している。


■相手を愛しすぎて…

「『愛』と『執着』は…」と題した投稿で、「相手を愛しすぎてご自身が見えなくなってしまっている方が多い気がいたします。『愛』と錯覚しているけれど、じつは『執着』だったり、他の言葉で置き換えられるものだったり」と投げかけた。

続けて、「皆さん、もっとご自身を慈しみ、自分を見失わない心をやしないましょう。そうすることによって、おのずと自分自身がもっとみえてくるはずですよ」とメッセージを送った。


関連記事:『今くら』元カレを監視しつづける女性に… 指原莉乃の厳しい言葉が話題

■人生は選択の繰り返し

さらに、「『ご自身の人生は、すべてご自身の選択の繰り返しで成り立っている』という、ファビュラスな姉の生きる愛の哲学のメッセージのひとつなのですよ」と示唆している。

含蓄のある言葉には感銘を受けた人が多いようで、ブログには多数の「いいね」が寄せられた。


■4割の人が「元恋人に未練」

ちなみに、過去にしらべぇ編集部が10~60代の交際経験がある男女1,277名を対象に調査した結果、「元恋人に未練がある」と回答した人の割合は全体の43.2%だった。

元恋人に未練がある人の割合

相手に執着するあまり、ストーカー行為などに発展するケースもあるだけに、少し冷静になって、愛と執着の違いには気を付けたほうがよさそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする