スポンサーリンク

宮迫博之、生放送で出演者全員が気絶 事故映像の「ゾッとする結末」に驚き

タレントの宮迫博之が13日に自身のYouTubeチャンネルを更新。生放送の番組で死にかけたエピソードを披露した。


■正月の生放送で…

宮迫は「昭和のバラエティーが過酷だったという話をしたい」と切り出し、若手時代に出演した正月の特番でのエピソードを語り始める。

海パン姿で背中に大きな鏡餅を背負って、滑車がついたターザンワイヤーを使って20メートルほど下にある海に浮かんだ島のような場所に滑って着地するゲームにチャレンジすることに。宮迫ら若手芸人たちが「餅」になり、浮島に次々を乗って鏡餅をつくる企画だ。


関連記事:おぎやはぎ小木、生放送の“宮迫イジり”を猛省 「つい悪口言っちゃう」

■衝撃展開に「ただの事故映像」

全国放送の生特番で気合いが入る宮迫だが、思わぬトラブルが。当日は雨が降り、かなりの寒さで「(出演者)全員の唇が真紫になるくらい」だったという。

さらに、トップバッターの芸人が滑車に乗った際、想定外のスピードが出てしまい、浮き島に衝突。気絶して海に体が浮かんでしまうアクシデントが発生してしまう。「全員が『死んだ?』って。ただの事故映像」となったようだが、生放送で時間もなく、スタッフからは「次、行ってください!」と指示が。

次々と芸人らが浮き島に衝突しては気絶する地獄絵図のような状況になり、宮迫も気を失ってテントで目覚めたという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする