パンフレット一覧

復興庁による「トリチウムキャラ」が波紋 福島県民に受け止めを聞いた

東京電力福島第一原発事故から10年目に、処理水の海洋放出が決まった。福島県内だけではなく、周辺自治体や海外からも不安や戸惑いの声があがっている。また、発表の日に登場したキャラクターも波紋を呼んでいる。 ■関心を持ってもら [...]<p><a class="btn btn-secondary understrap-read-more-link" href="https://sirabee.com/2021/04/14/20162556093/">Read More...</a></p>